プログラミング学習って何から始めれば良いの?プログラミング初歩の初歩


おはこんばんにちは、どうも!おかかの弟子(@okakanodeshi)です!!

本日は、「プログラミング」というものに興味を持っていて始めてみたいけど、いったい何から始めればいいんだ!!???と嘆いている方や、もう一度基礎からプログラミングを学習し直したいと考えている方に向けて、プログラミングの基礎知識から幅広くお伝えしていきたいと思います。

近年では、小学教育にも取り入れられてきているとか、いないとか?っと、かなり需要が伸びてきている分野です。そのため習得していて絶対に損はしないと思いますので、この記事を読んで少しでもプログラミングに興味を持っていただければ最高です。では、さっそく!

そもそもプログラミングって?


まずは、”プログラミング”についてWikipedia先生の回答を見てみると、

「コンピュータのプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。」とあります。

、、、、 チ───(´゚ェ゚`)───ン はい、初心者には理解が難しいですね。(泣)

ここで重要なポイントは、”コンピュータに指示を与える”ということです。

コンピュータは自ら考えて行動するといった知能は持っていないため人が指示した通りのことを素直に実行します。というか、指示されたことしかできません
※人工知能(AI)は別物ですが、ややこしくなりますのでここでは置いておきましょう。

ここであまり深く説明しても混乱してしまうだけなので、ここでは

プログラミング = コンピュータへの指示を出すこと

とだけ理解しておけば問題ありません。

プログラミング言語

コンピュータに指示を出す際に必要となるツールが、「プログラミング言語」です。
私たち日本人は何か指示をするときは、日本語という言語を用いますよね。言語は日本語以外にも英語、ロシア語、中国語などさまざまな言語があり相手によって相手が理解できる言語で伝える必要があります。コンピュータにも同じようにコンピュータに理解できる言語があります。それがプログラミング言語です。

プログラミング言語にも人間の言語と同じようにさまざまな言語があります。
有名どころで言いますと、C言語、Java、Object-C、Ruby、swift、Pythonなどがあり、200以上の言語があると言われています。
ブログ作成に用いられている、HTMLやCSS,PHPも少し特殊ではありますがプログラミング言語の一種です。

これだけの種類があると、いったいどれから手を出せばいいんだ!!!??と思うでしょうが、結論から言うと、どの言語から始めても良いんです!私たち人間の言語には「文法(ルール)」がありますよね?言語は違えど、主語、述語、動詞、、など似ている部分があります。

プログラミング言語も同じように文法が存在し、それぞれの言語同士の文法は非常に似ています。そのため何か一つの言語を習得してしまえば、初めて触る言語であってもすんなりと理解できるのです。

プログラミング言語について少しわかってきたところで、具体的にプログラミングを学習する流れについて説明します。

目的を決定する

プログラミング学習を始める前に絶対に決めておきたいポイントが1つあります。それは、「プログラミングを習得したら、何をしたいか!」という目的を決定することです!
一言にプログラミングといってもその活用方法は様々です。

(例)
1.Webアプリケーション開発(Twitter、YouTube、Facebookなど)
2.スマホアプリケーション開発(LINE、ポケモンGo、モンストなど)
3.デスクトップアプリケーション開発(Skype、iTunesなど)
4.業務用アプリケーション開発(マクロなど)
5.ロボットの制御(ルンバ、ペッパー君など)

このように基本的には何かサービスを開発する、生み出すことが目的として挙げられますが、プログラミング言語によってはその目的が達成できない場合があります。

プログラミング言語にもそれぞれ「できること」「得意なこと」があり、プログラミング学習を始める際には自分の目的にあったプログラミング言語を選択するようにしましょう。

プログラミング言語を選択する

プログラミング言語学習による「目的」が決定したところで、次に具体的に学習するプログラミング言語を決めましょう。一部の有名なプログラミング言語について、「難易度」「得意なこと」について紹介します。

VBA(Visual Basic for Applications)

難易度 :★★☆☆☆

得意分野 :Microsoft内アプリケーション

プログラミング言語の中では有名な方ではありませんが、初心者が始めるにはもっともお勧めしたいプログラミング言語です。VBAはMicrosoftのアプリケーション(Excel,Word,Powerpointなど)内で使用することを目的とした言語で、他の言語とは違いローカルで使用することを前提とした言語ですが、Microsoftさえインストールされていれば他の設定は何も必要ありません。他の言語は環境構築が結構面倒だったりするため、この時点で挫折してしまう人も少なくありません。

また、仕事上Excelを使用する機会がある方は、VBAでプログラムを組んで自動化プログラムを作成しておけば日々の定例業務がずっとなくなりますので、事務系の方でも習得しておけば絶対に損はしません!

特に目的はないが、「とりあえずプログラミングに触れてみたい」ということであれば、VBAであればすぐに試すことができるので本当にお勧めです。

Ruby

難易度 :★★★☆☆

得意分野 :Webアプリケーション、iOSアプリ、Androidアプリ

Rubyはとてもめずらしいことに日本産のプログラミング言語で、他の言語と比べかなり新しい言語です。年々人気が上がってきており、Webアプリケーションを開発する際にはトップ3に入るほどの人気です。

私も最近興味を持って独学を始めたばかりの言語ですが、他のプログラミング言語に比べ記述すべきコードの量が圧倒的に少なく、環境構築も比較的簡単であるため初心者にもおすすめです。個人的にはいろいろと程よくバランスがとれた言語といった印象です。Rubyについは私も駆け出しですが、このブログでも議事録を兼ねて記事にしていく予定です。

Java

難易度 :★★★★☆

得意分野 :Androidアプリ、デスクトップアプリ

これはほとんどの人が聞いたことのあるプログラミング言語ではないでしょうか。Javaの最大の特徴はどんな環境でも動かすことのできるソフトを開発できることです。ただ色々なことができてしまう分、初心者が最初に修得する言語には不向きかもしれません。
※GoogleやTwitterなどもJavaによって開発されています。(私が最近はまっているMinecraftもJavaによって開発されているらしいです)

習得難易度は高いですが、世界で最も需要があり利用されている言語であるため、将来システムエンジニアとして働くことを考えている方は習得しておきたい言語ですね。

C言語

難易度 :★★★★★

得意分野 :OS開発、Webアプリケーション

私が初めてであった言語で、プログラミング言語の中では最も有名な言語!と言っても過言ではなく、おすすめのプログラミング言語ランキングでも必ずトップ5には入るほど有名な言語です。また、C言語はプログラミング言語の先祖とも呼ばれる言語で、現存するさまざまなプログラミング言語の元となっておりC言語の文法や知識はほとんどの言語で通用します。

しかし、プログラミング初心者の方でちょっと勉強してみようかなーって方は、絶対に手を出さないことをお勧め致します。理由についてここでは深く触れませんが、自由度が高く何でもできてしまうという反面、事細かに記述してあげる必要があり挫折してしまう可能性があります。私も何回か心折られました。(泣)

ただ、C言語はとても汎用性が高いため他のどの言語にも応用が利くため、がっつりとプログラミングを学習したい!という方であれば挑戦してみても良いと思います。
※近年需要が伸びてきているC++やC#はC言語から発展した言語です。

学習ツールを選択する

学習するプログラミング言語が決定しましたら、次に学習するツールを選択しましょう。これはプログラミングに限らずどの分野でも言えることですが、何か新しいことを始める際にはお手本となるものを決める必要があります。プログラミングについても、右も左もわからない人がいきなりプログラミングを学習しろと言われても何もできないでしょう。

では、学習ツールについて、学習に要する「費用」・「手軽さ」に触れながら紹介していきます。

学習サイト

費用 :★★★☆☆
手軽さ:★★★☆☆

近年プログラミングの需要が伸びてきていることもあり学習サイトがかなり充実してきました。プログラミング学習サイトでは、動画コンテンツなどを通して学習することができるので、お子様でも楽しくプログラミングを学習することができます。また、ほとんどの学習サイトが初心者向けに作られており、面倒な環境構築をすることなくすぐにプログラミングを実践できるので初心者にはとてもありがたいです。

(例)paiza,ドットインストール、Codecademyなど

Webサイト

費用 :☆☆☆☆☆
手軽さ:★☆☆☆☆

このブログサイトでも随時紹介していく予定ですが、「C言語 入門」なんて検索するとかなりの数のプログラミング学習向けのサイトが世の中にはたくさんあります。環境構築の方法や、細かな文法までサイトによってはかなり細かく紹介されており、インターネットさえあれば無料で学習できますので「手軽にプログラミングを始めてみたい方」にはお勧めです。ただ、サイトによっては誤った事が記載してあるものもありますので、ガッツリ学習したい方は参考程度にしておく方が良いかもしれません。

書籍

費用 :★★☆☆☆
手軽さ:★★☆☆☆

初心者が始めるには少し敷居が高くなりますが、確実な情報を手に入れるには書籍に限ります。しかし、初心者にありがちなのが書籍を買って一回読んだだけで、プログラミングを理解できたと勘違いされる方がいますが、プログラミングは絶対に手を動かさなければ上達しません。そのため、書籍で学習される方は絶対にプログラミングをできる環境を用意し、実践しながら学習を行うようにしましょう。

プログラミングスクール

費用 :★★★★★
手軽さ:★★★★★

こちらは初心者が手軽に始めるにはかなり敷居が高いですが、最速で力を身に着けるならこれでしょう。私は通ったことがないので詳しいことをお伝えすることができないのですが、今では自宅に居ながら学習ができるスクールもあり、昔に比べれば手軽に始められるようにはなっているようです。プログラミングを職にしたいと考えている方であればwebや書籍で右往左往するよりはよっぽコストパフォーマンスは良いかもしれません。

(例)侍エンジニア塾、CodeCamp、WebCampなど

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、プログラミングの始め方ということで簡単に各プログラミング言語の特徴や学習方法について紹介致しました。他にもたくさんの言語がありますが、自分の目的に合わせて最適なプログラミング言語を選んでください。また、プログラミング学習は「トライアンドエラー」の繰り返しですので、エラーが出てもすぐにあきらめずに根気よく続けていきましょう。”継続は力なり”です!!

もし、わからなこと質問等あれば回答したいと思いますので、ご気軽に何でもご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする