【おすすめ節約術】格安SIMに乗り換えて賢く節約

おはこんばんにちは!どうも、おかかの弟子(@okakanodeshi)です!

近年では、小学生でも携帯電話を持つのは当たり前の時代ですが、携帯料金は相変わらず高く、家計の負担となっている方も多いでしょう。私のような社会人2年目のペーペーにはかなり負担となっております。

本日はそういった携帯電話の通信料を今の半額以下にできてしまう、昨今CMでも取り上げられているあの「格安SIM」について徹底解説します。

これを読んで頂ければ、そもそも「格安SIM」って何なの?という初歩的な疑問から、格安SIMにしてみたいけど手続きは何が必要なの?実際使い勝手はどうなの?といった実践的な疑問を全て解消できます。是非ご覧ください。

そもそも格安SIMって何なの?

SIMとは?

格安SIMについて説明する前に、そもそも「SIM」って何よ?って方もいるでしょう。
そんな方のために先に「SIM」というものについて簡単に説明します。

「SIM」とはSubscriber Identity Moduleの略で、日本語では「加入者識別構成部品」という意味で、加入者一人一人を識別するための特殊な部品を指します。

つまり、SIMの中には利用者一人一人の個人情報(正確には固有のID)が埋め込まれており、これによりその端末が誰の端末であるのかを特定できるものです。

SIMについては、とりあえず「個人情報が埋め込まれた特殊なカード」ぐらいの認識で十分です。

格安SIMって?

SIMについて軽く理解できたところで、本題の格安SIMについて見ていきましょう。

私たちは一般的には大手携帯会社(Docomo,au,Softbank)と契約をし、毎月通信料を支払うことで携帯電話を利用しています。しかし、この通信料がお世辞にも安いとは言えず、毎月家計の負担となっています。

そこで登場したのが「格安SIM」です!

格安SIMは、大手携帯会社の回線を一部借りる(MVNO)というサービスを利用することで、docomoやauなどで契約するよりも、格安で携帯電話を利用することができるのです。

また、大手携帯会社の回線を借りているため、通話の質が悪いといったこともまったくありません。もちろん利用エリアも大手携帯会社と同様なのです。

細かい仕組みについては置いといて、とりあえず格安SIMとは「格安で携帯電話を利用することができる魔法のSIMカード」と理解しておけば問題ありません。

一言まとめ

 ・SIMカードとは、「利用者一人を特定するための識別カード」である。
 ・格安SIMとは、「格安で携帯電話を利用することができる魔法のSIMカード」である。

実際どれくらい安くなるの?

実例紹介

格安って言ってもどれくらい安くなるの?と疑問に思いますよね?

以下は、私が実際に大手携帯会社から格安SIMに変更した際の、実際の利用料を示しています。

変更前(Softbank) ※一番安いプラン

\6,500/月

変更後(Y!mobile)

\1,500/月

]

このように格安SIMを利用すると、な、な、なんとっ!! 月に5,000円も安くなったのです!!!
なんでもっと早く格安SIMに変更しなかったんだ!!??と後悔しました。
月々5,000円も安くなれば、年間で60,000円の節約となります!!軽く旅行にだって行けちゃいます!

もし4人家族で、全員が格安SIMに変えた場合は、単純計算で月20,000円の節約だって可能!!

もちろんこれはあくまで一つの例ですが、格安SIMを利用すれば、大手携帯会社で契約するよりも、半額以下で携帯電話を利用することが可能となるのは間違いありません。格安SIMの種類とプランによっては、月1,000円以下で利用できるものもあります

(ココ注意!!)
しかし、良いことばかりではありません!!残念ながら格安SIMを利用するデメリットもあります。もし現状で格安SIMに興味を持たれた方は、絶対に下記に説明する「格安SIMのデメリット」も見てください。

一言まとめ

・格安SIMは大手携帯会社と比べて半額以下の料金となる。
・格安SIMを利用する際のデメリットもある。

格安SIMのデメリット

上記を見る限りでは、格安SIMは格安で、高品質で、どのエリアでも利用できる最強のSIMカードだ!!と言えるのですが、伝えておかなければならないデメリットが存在します。

①時間帯によっては、速度が低下する場合も

これに関しては、大手携帯会社も多少ありますが、格安SIMの場合回線を借りているため速度が制限されており、お昼ご飯の時間帯、夕方帰宅する時間帯は通信速度が低下するといった現象が起きてしまいます。

しかし、低下すると言っても、動画視聴などの大容量データを扱わないアプリ(LINE、Twiteer、Instagramなど)であれば全く問題なく使用できます

私自身も半年間格安SIMを利用していますが、大手携帯会社に比べ速度が遅いと感じたことはありません。(格安SIMの種類にもよるようですが)

また、最近ではどの環境にいても大抵Wi-Fiが使用できるため、基本的に大手携帯会社のSIMを利用しても格安SIMを利用しても通信速度に差はありません。

②キャリアメールが使用できない

格安SIMに乗り換える場合、○○@docomo.ne.jpや△△@ezweb.ne.jp などの携帯会社独自のメールアドレスについては一切使用できなくなります。当然と言えば当然ですが、格安SIMにする場合、別のキャリアに乗り換えるのと同じなので、今まで使用していたキャリア専用のメールアドレスは使用できなくなります。

スマホを使用している方であれば、ほとんどの方がメールではなくLINEを用いてコンタクトをとるため、キャリアメールアドレスを使用している方はほとんどいないでしょう。そのため、キャリアメールを一切使用していない方にとっては、何も問題はありません。

しかし、色々なサービス登録の際のメールアドレスを、キャリアメールに設定されている場合は、自分でGmailなどのフリーメールアドレスを取得し、メールアドレスを変更する必要が出てきてしまうので、かなり面倒です。

もし、重要なサービスの通知先をキャリアメールアドレスに設定している場合は、先にメールアドレスを変更した上で、格安SIMに乗り換えましょう。

③契約はインターネットで行う

普通携帯契約する際には、docomoやau、Softbankといった携帯会社に直接出向き契約を行いますが、格安SIMの契約を行う多くの場合は、インターネットにて行います。

格安SIMサービスを提供している多くの会社は店舗を構えておらずインターネットによりサービスを提供しており、店舗にて契約を行っている会社は少ないのです。

私が格安SIMを契約した際にも、インターネット上で契約を行いましたがこれが結構面倒で、ネットにある記事を参考になんとか契約できましたが、何かとややこしいところもあり、誰でも気軽に登録できる♪とはいかないように思えました。。。

また、ほとんどの格安SIMの契約はクレジットカードが必要となります。
最近のニュースでも情報漏洩が問題視されており、インターネット上にクレジットカード番号を記入することに抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。

しかし、安心してください!! 格安SIMでも店舗にて契約できる種類の格安SIMがあります!

パソコン操作に自信のない方や、手続きが面倒だと思われる方は、実際に店舗で契約できる格安SIMを選びましょう。(具体的な格安SIMの種類については後述してます)

一言まとめ

・格安SIMは大手携帯会社のSIMと比べて速度が出ないときがある
・格安SIMに乗り換えるとキャリアメールアドレスを使用できなくなる
・格安SIMの契約は基本的にインターネットで行う。

どんな種類があるの?

現在格安SIMには数十の種類があり、種類によって支払い方法や、プランなど様々です。
今回は私がおすすめする格安SIMを2つ紹介いたします。

Y!mobile

Softbankからの乗り換えをするなら絶対コレ!!

Y!mobileはのSoftbank系列の格安SIMです。そのため、乗り換えの際に手数料無料などのキャンペーンがあり、お得に乗り換えることができます。また、Softbank回線を利用している格安SIMはdocomoやauと比べ数が少ないため、通信速度も落ちにくいです。
私も実際にY!mobileを利用していますが、Softbank利用時とまったく変わらず使用できています。

また、実際に店舗を構えており、Softbankと同一店舗で営業している場合がほとんどなので、Y!mobleの契約とSoftbankの解約を同時に行えるため、インターネットで色々面倒な作業をしたくないという方にはおすすめです。

楽天Mobile

楽天Mobileは、みなさんご存知の通りあの「楽天」が扱っている格安SIMで、ダイヤモンドクラスの方であれば全てのプランで月々500円お得になるので、楽天会員の方にはおすすめです。最低プランであれば、1,000円以下で利用できてしまうため、とにかく安く利用したい方は候補に入れても良いと思います。

また、au回線とdocomo回線を選択でき、なんとSIMロックなしで利用できるのも特徴です。

さらに、楽天mobileは支払い方法が、クレジットカード、デビットカード、口座振替から選ぶことできるため、クレジットカードを持っていない方などにはおすすめです。

楽天モバイルも店舗数は多くはないですが、実際に店舗を構えているので、近くに店舗がある方にはおすすめです。

※その他にもおすすめの格安SIMについては、随時更新していきます。

使うためには何をしたらいいの?

格安SIMのメリット・デメリットについて理解したところで、実際に格安SIMに乗り換える際にどういった手続きが必要になるのか、順を追って見てみましょう。

①スマホのSIMフリー化

格安SIMを利用するためには「SIMフリー化」されたスマホを準備する必要があり、(ⅰ)既存のスマホをSIMフリー化する方法、(ⅱ)SIMフリー化されたスマホを購入する方法の2通りあります。

※格安SIMの種類によっては、SIMロックを解除しなくても使用できるものもあります。

(ⅰ)既存のスマホをSIMフリー化する方法

スマホをお持ちのほとんどの方は、docomoやauといったキャリアにてスマホを購入していると思います。しかし、キャリアで購入したスマホは、「SIMロック」という制限がかけられており、他社のSIMカード(格安SIMも含む)を使用できないようにしてあるのです。

そのため、格安SIMを利用する場合には各キャリアにて、「SIMフリー化」をしてもらい、ロックを解除してもらわなければなりません。

※SIMフリー化をするためには、購入日より101日以降でなければなりませんのでご注意ください。

(ⅱ)SIMフリー化されたスマホを購入する方法

iPhoneであれば、Apple Storeにて購入すればSIMフリーのiPhoneを購入することができます。また、メルカリなどのフリマアプリでもSIMフリー版のiPhoneが結構出回っているので、中古でも気にならないということであれば交渉次第で、安く入手することができます。

私の場合はちょうど機種変更をするつもりだったので、Apple Storeで購入しました。人気のiPhoneの場合、キャリアにお目当ての色や機種がない場合が多々ありますが、Apple Storeの場合はまず在庫切れなんてことはなく、注文から2,3日で届きます。

②MNP予約番号の発行手続き

SIMフリーのスマホを入手したら、次はMNP予約番号の発行手続きです。MNP予約番号とは簡単に言うと、携帯番号を引き継ぐための番号で、格安SIMの乗り換えに限らず、他社へ乗り換える際には必須となります。

最近ではLINEなどのネットワーク電話を利用する方がほとんどで、連絡先の交換に電話番号を教える機会も少なくなってきているので、携帯番号が変わっても問題ないという方はこの手続きは不要です。

私は、色々なサービスの登録などの登録の際や、仕事上の電話は未だにLINEは使用できないので変更しましたが、発行の際に手数料(2,000円ほど)が掛かります。

各キャリアのMNP予約番号の発行方法は以下の通りです。

NTT docomo

・ドコモショップにて直接手続き
・電話にて手続き(ドコモ携帯から「151」または、一般電話から0120-800-000」)
・My docomoのドコモオンラインから手続き

au

・auショップにて直接手続き
・電話にて手続き(「0077-75470」

SoftBank

・ソフトバンクショップにて直接受け付け
・電話にて手続き(ソフトバンク携帯から「*5533」、一般電話から「0800-100-5533」)

③格安SIMの契約手続き

上記でも説明した通り、格安SIMの契約は基本インターネットで行います。自分が契約した格安SIMの専用ページにて必要項目を記入していくことで手続きができます。(20 ~ 30分ほど)

MNP(電話番号引継ぎ)の手続きを行う場合は、②で発行した「MNP予約番号」「身分証明書」「クレジット」が必要になりますので、事前に準備しておきましょう。クレジットに関しては、不要な場合あります。

※MNP手続きの際にも手数料として3,000円ほどかかります。
※MNP予約番号は発行して15日間の有効期限がありますので、発行したら余裕をもって手続きしましょう。

④格安SIMの開通手続き

格安SIMを契約してから、4 ~ 5日ほどで専用のSIMカードが届きますが、単にSIMカードを入れ替えるだけで使用できるわけではありません。SIMカードと一緒に同封されている説明書をもとに、端末側の設定を変更する必要があるのですが、説明書によっては十分に手順が記載されていないものもあり、結構大変。。。

インターネット上で検索すればたくさん情報はありますが、不安な方は是非店舗を構えている格安SIMを選んでくださいそうすれば、店舗にて係の方が、SIMカードの入れ替えから端末の設定まで全てやってくれますので安心安全です。

⑤今まで使用していたキャリアの解約手続き

晴れて格安SIMの乗り換えに成功したら、最後にもともと契約していたキャリアの解約手続きをしましょう。

<乗り換えの際のポイント>

格安SIMに乗り換えると安くなる!!これは間違いないのですが、更新のタイミングには十分お気を付けください!!どのキャリアにもだいたい2年契約で携帯電話を契約すると思いますが、更新月以外で解約をしてしまうと違約金が発生してしまいます。(契約プランによりけりですが、約10,000円ほど)

格安SIMに変えれば2カ月ほどでもとは取れてしまうので、更新月が半年以上先の場合は、すぐにでも乗り換えたほうがお得ですが、更新月があと一か月と言った場合は損してしまいますので、格安SIMに乗り換える際は、まず更新月を確認しましょう。

また、キャリアの違約金やMNPにかかる手数料を負担してくれる、「格安SIM乗り換えキャンペーン」みたいなものもありますので、気になった格安SIMの最新情報をチェックしておきましょう。

ちなみに、私がY!mobileに乗り換えた際には、違約金・MNP手数料は全て負担してもらえました。

一言まとめ

・乗り換えのタイミングは、更新月に行いましょう。
・乗り換えキャンペーンを利用して、お得に乗り換えましょう。
・格安SIMの手続きや端末の設定に不安のある方は、店舗を構えている格安SIMを選びましょう。

最後に

みなさんいかがでしたでしょうか。
格安SIMへの乗り換えは、解約手続きや新規手続き、更新のタイミングなど少々大変ですが、それを乗り越えれば、月5,000円の節約ができると思えばなんてことはないはずです。格安SIMに乗り換えても、実質デメリットはほとんどないので、変えない手はないと思います。

少しでも節約したい!!と思っている主婦の皆様には絶対おすすめです!!

もし、格安SIMへの乗り換えについて質問があればお手伝いもいたしますので、是非お問い合わせください。その他不明点などなんでも受け付けますので、お気軽にどうぞ。

ではでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sEvenbites より:

    Hi, I do believe this is a great blog. I stumbledupon it 😉 I’m going to return yet again since I book-marked it.
    Money and freedom is the greatest way too change, may you be
    rich and continue to guide other people.